2011年06月29日

聞いてて恥ずかしい…

つい先日、駅のホームにて、年の頃なら50歳前後のおばさん2人が、
休む間もなくペッチャラペッチャラと喋り続けていらっしゃいました。
すぐそばにいた事もありますが、結構大きな声で喋られているので、
その会話の内容が耳に入ってきます。

「自転車でこっち(駅)向かってたら、学生が前を歩いてて、
 ベル鳴らしてるのに避けないのよ」

「おるなぁ。そういう子。
 そういうのって親がちゃんとマナー押してへんからやで。」

「最近の親って、マナーとは常識とか、
 当たり前の事を教えるって事がでけへんねんなぁ。」

とまあ、その後も余程避けてくれなかった歩行者にムカついていたのでしょうか、
延々とお二人で文句を並べ立てていらっしゃいました。

でも、聞けば聞く程、呆れますね。
『マナー』とか『常識』とか『当たり前の事』とか、
連呼される度に、うわ〜恥かしい…と思ってました。

そもそも、このおばさんの取った行動である
自転車のベルを歩行者に向けて鳴らす事は、道交法に違反しています。
なので、この時点で、既におばさんの行動は、当たり前の事ではなく、
マナー違反どころか、法律違反となっています。

知らないって怖いなぁって話なんですけどね。
ここまで勘違いで、人の事をボロクソに言えるんだなぁ。
しかも公衆の面前で、いかにも自分は正しい!って事を、
アピールしているかのようで、実は自分の無知さ加減を
公言して回っている訳ですから…。


「歩道は歩行者が優先ですので、自転車は基本通行禁止。
 また自転車の通行が許可されている歩道であっても、
 徐行の上、歩行者の通行を妨げてはいけません。」
と、法的に決まっていますが、結構知らない人って多いですよね。

正直、ガッチリ、キッチリ、バッチリ法律を順守した場合、
自転車利用って、実はかなり不便です。
でも、自転車も車両と分類される以上、一般車両(クルマ)と同じく、
交通ルールは厳しくなって当たり前なので、歩行者と自転車は、
同じ扱いだと考えてる方々は、一度改めて調べてみるべきだと思いますね。
本当は学校等での徹底的な講習や、いっそ免許制にでもすれば良いのでは?
とも思いますが…。

特に近頃は、電動アシストなどで、自転車利用が増えているみたいですし、
更に自転車利用のルールを、周知を徹底すべき部分ではないかな?と思いますね。
posted by キキ at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。