2009年12月08日

たまにはお仕事の話…(9割グチですw)

遡る事、1年前…
客先から見積もり依頼がありまして、以前納品したシステムに対し、仕様変更を行うので、その作成を行って欲しいとの事でした。

とまあ、自分の仕事については、あまり触れた事が無いと思いますので、少しばかりポロリしますと…

自分が席を置いている会社は、世に言う「隙間産業」ってヤツでして、普通の会社じゃなかなかやらない…と言うか、食っていけない位、シェアが狭い仕事でして、それだけを専門としてやっている会社ってのは、きっと日本でうちの会社だけだと思います。

そんな訳で、ある意味「超専門」だったりするのですが、なんとも情けない事に、その気になれば、上っ面だけだと、どこの会社でも出来る事だったりするので、なかなか客先が専門性を認めてくれず、価格競争になってしまい、大手の人材派遣業さんに、持っていかれる事も少なくなかったりします。

ただまあ、先に書いたように「超専門」なうちの会社ですから、客先が1度でもうちをつかうと、担当者的には他所に回す気にはなれないらしく、できるだけうちが受注しやすい様に条件付けてくれたりします。
それでも客先の会社的には「安いところ!」って絶対条件があったりすると、なかなか苦しい事も多いのですが。
まあ、それでも指名して頂ける得意先が何件かあることで、細々と「自転車操業」を続けてられるのですが・・・(決してこれって良い状態じゃないよなww)

そんな会社の電算部門と言う名の、システム開発&作成+雑用係として存在するのが自分だったりします。
主な業種としては、システム営業兼、システムエンジニア兼、プログラマ兼、デバッガー兼、データ入力者兼、テスター兼…、金銭計算係兼、雑品整理係兼、文章校正係兼…などなど、書くとホント雑用係だなww

まあ、話し戻って、そんな自分が作成したシステムの話なんですが、見積もりを出したのも忘れかけていた先月、その物件に関する依頼が飛び込んできました。
それで先月、詳細打ち合わせを行い、いざ開始!と、手を付けていたわけですが、昨日になって「ごめぇん!話してた仕様、やっぱり別のに変えます」って感じのメールが届きました。

ええっ!?って感じですが、現実として、こういう途中の仕様変更は良くある話で、とにかくどのように変わるのか?というのが重要だったりします。

で・・・どうかわるんですか?と、訊ねたところ、お返事を聞いてビックリ・・・

「まだ、決まってなくて、今月末には決まりそうです」
今月って、まだ第1週目ですよww

ちなみに今回の変更所要日数の見積もりは、およそ90日…
決定が12月末…普通に計算すれば、3月末完成予定…


でぇ〜もっ! 納期が来年1月末ww
はい、デスマーチが聞こえます…orz


…正直、知らないよ。どうなっても( ̄o ̄;)ボソッww
posted by キキ at 03:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。