2014年09月28日

2年ぶりの更新

前回が2012年7月なので、2年ぶりの更新です。
完全に思い付きの日記帳と貸してる当ブログです。

さて、最近、勤め先のオーナーが変わりました。
そのため、事務所も併合ということになったのですが、
当初の予定日から1ヶ月経っているのに、
まだ事務所の拡張工事が手付かずという状態・・・。
おかげで、元オーナーに泣いてすがって、旧事務所で仕事してます。

ブログを見てみると、2011年の5月に旧事務所に引っ越してますから、
3年ちょっとでまた事務所が移転となるわけです。
私は入社してから、そこそこの期間、勤めてますが、
10人に満たない社員数の会社の割りに、事務所の移転は今回で5回目となります。

転勤とは違いますよ。「本社」と呼ばれる事務所の移転です。
普通、手続きやら、引越し費用やらで、経費もかかりますし、
移転先が本来「事務所」と呼べる作りになっていない場所が多かったので、
その改装費用も捻出してた状態なので、私が把握している限りでも、
過去4回分だけでも、1千数百万は使ってる計算になります。
『引越し貧乏』って、うちの会社のためにある言葉って気がします。

ですが、今回のオーナーは、経費を使う事をあまり由とされない方針で、
「可能な限りは社員でやる!」「必要経費はできる限り抑える!」
といった具合で、財布の紐がかなり固い。
それはそれで、結構なことだと思うのですが、おかげで事務所の環境が整わず、
今「事務所無き会社員」というトンでも状態となっています。
事務所工事がまだなので、当然電話回線も整ってません。
市外局番から変わりますので、名刺も刷って配ったところで
「まだ、この電話つながりませんので・・・」
といった事になり、もしも逆の立場で、自分が受け取った場合、
とてもじゃないが、仕事を任せる気になれないですよ。
そんなわけで、既に受注・契約済みの案件に関しては、
現在めちゃくちゃな環境でありながらも、何とか継続していますが、
新規案件のご相談を頂いても、なかなか受注し辛い状況です。
特に官庁系の入札案件の場合、代表者が変わったり、事務所が変わると、
変更届を出す必要があるのですが、事務所が未決定で、
それも出せず、そんな状態だと相手となる担当者さまも、
事務手続き上、かなりの手間がかかるため、あまり良い顔されません。

そんなこんなで、実質新規営業に関しては、開店休業状態で、
そうでなくても当期は受注案件が少なく、赤字決算になりかねないと、
戦々恐々としている状態で、この状況・・・。

「この歳で転職かぁ」・・・と、真剣に悩む今日この頃です。
posted by キキ at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。